敏感肌を食生活(栄養素)で改善する方法

敏感肌とはどのような肌でしょうか。

洗剤や化粧品などで肌が荒れる。

赤みがでる。

衣服の素材が原因で肌がヒリヒリする。

以上のような過敏に反応しやすい肌質を持つ方が「敏感肌」と呼ばれています。

最近では日常生活のストレスや食生活、住環境の変化などで肌質が敏感肌になってしまったという方が増えています。

肌が敏感に傾く原因として花粉やアレルギーなどが原因の場合もあります。

花粉の季節になると鼻水が止まらない、目がかゆくなるなどの「花粉症」と呼ばれる体の一部が過敏に反応するアレルギー症状でも、実は全身がアレルギーを起こしやすい状態になっている場合があります。

また、身体の一部に傷があると全身が炎症を起こしている状態になるため、体中が過敏に反応しやすくなる場合もあります。

身体が敏感になる原因として、アレルギー体質であることもひとつの要因です。

花粉症や食物アレルギーなど、何かアレルギーを持っている方が多い現代、そのアレルギー体質自体が敏感肌になる要素を持っていると言えます。

食事からの栄養摂取とも深い関係があり、栄養不足で皮膚の表面の角質を繋いでいるセラミドがしっかり作られず、バリア機能が低下して肌がもろくなったり、異物が入り込んでアレルギー反応を起こす原因にもなります。

つまり、肌を守るためには体内と体外からしっかりケアをすることが大切なのです。

特に皮膚のもととなるたんぱく質は、肉、魚、卵、乳製品などを食べるように心がけ、肌のターンオーバーを促すビタミンA、亜鉛、ビタミンCも一緒に摂取するようにしましょう。

ただ、あなたが以上のような食生活が難しということであれば、肌に良いサプリメントを活用すると良いでしょう。最近では、非常に品質の高いサプリメントが市販されています。

いずれにしても、バランスの良い食事としっかり肌を保湿することが敏感肌対策に繋がります。


 << 肌荒れの原因 │ トップページに戻る │ >>

コメントを残す