肌荒れと便秘とサプリメント

肌荒れの原因は様々ありますが、便秘が続いても肌荒れを起こします。肌荒ればかりでなく、にきびや吹き出物の原因ともなってしまいます。

便秘が肌を荒れさせる理由は便秘になると体内の善玉菌が減り悪玉菌を増します。増えた悪玉菌は有害物質やガスを発生させ、血管を通して有害物質を全身に巡らせ肌細胞にも運びます。肌細胞に有害物質が運ばれることで排泄機能が低下し、肌に悪影響を及ぼし「肌荒れ」という症状になって現れます。

便秘はお肌にももちろん悪い影響を与えますが、それ以上に健康に害があります。

人によっては10日も出なくても平気な人がいます。しかし、便秘になると肌荒れ他頭痛やめまいを起こす人もいます。

便秘を解消したら肥満をも解消したという人は多いです。

また、便秘になるとなかなか便が出ないため、トイレで息むことになります。その結果切れ痔になって苦しむ人もいます。

様々な面で大変な思いをしなければならないのが便秘です。たかが便秘と侮らずしっかりと便秘解消の対策を取ることをお勧めします。

以前は便秘の時には浣腸などがよく使われていました。しかし浣腸はくせになりやすく、長く使っていると浣腸を使わなければ便が出ない体質になってしまうこともよく知られるようになりました。

ところが今また、座薬が出回っていますが、慢性の便秘を解消するには薬に頼らずに、生活習慣を整えて気長にしっかり治すことをお勧めします。

そして、規則正しい生活習慣と、大事なのは食事です。便秘に効果があるとされる食材には、ひじきやコブなどの海藻類や、大豆や納豆などの豆製品、イモ類、玄米、そして、野菜ではゴボウや、ホウレンソウなどを多く摂るように心がけてください。
最後にとっておきの便秘対策をご紹介します。それは便秘に効果的な食品を毎日食べられない方にとって最高の方法です。それはサプリメントです。サプリメントは健康補助食品と言われるように、健康を補助する食品です。つまり食品ですから薬ではありません。

そのためサプリは薬のような副作用もありません。手軽に効果があがるのがサプリメントです


 << トップページに戻る  肌荒れと栄養素 >>