肌荒れの原因となる生活習慣

夜更かしをしたら肌が荒れしまった。そんな経験はありませんか?
生活習慣が肌に大きく影響してくることは経験的にご存知の方が多いかと思います。

つまり、裏を返せば生活習慣を改善することで綺麗なお肌作りは可能です。あなたの生活習慣が、そのまま、あなたの美肌と健康な体を作ってくれるのです。

健康と美容は表裏一体で切っても切れない関係です。正しい生活習慣は老化を遅らせて実年齢よりも若く見られることが多いです。

そして、若く見られる人ほど丈夫で長生きをするという統計結果も出されています。美容のためにも健康のためにもご自分の生活習慣をあらためて見直してみることをお勧めします。

生活習慣の中でも睡眠不足は特にお肌の大敵で肌荒れの原因となるほか、吹き出物を作り、毛穴をひろげ、ときには目の下にクマを作り、顔色もすぐれない顔色にしてしまいます。

睡眠不足が続けはお肌が荒れるばかりでなく、健康を損ねてしまいす。睡眠で大事なのは時間ではなく睡眠の質です。睡眠の質をたかめ、お肌にとっても良い影響お与えてくれる午後10時~午前2時の時間帯にはしっかり寝ることをお勧めします。この睡眠時間を守りことで、年を取ってから大きな差が出てきます。

そして食事にも注意をしましょう。食生活の乱れはそのままお肌の状態に現れます。食べ過ぎは血行を悪くし、ビタミン不足は肌荒れを招きます。そして老化を早めます。

サルを使った実験結果があるのですが、お腹いっぱいまで餌を与えたサルと30%抑えた餌を与えたサルとの差を調べたのです、30%餌を抑えたサルは毛もフサフサとしてとても若々しかったそうです。やはり昔から言われる「腹八分目」は正しいといえます。


 << 栄養素 │ トップページ │ 原因 >>

コメントを残す